読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MFJ全日本トライアル選手権見てきたけど、バイクすご過ぎた。同じ人間か?!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

f:id:kawasaki283:20160419190744j:image

バイク競技、MFJ全日本トライアル選手権

先日、MFJの全日本トライアル選手権を見に行ってきました。

すごい風が吹いていて、目に砂が入りまくりでした、、、

 

で、そんなことは置いといて「トライアルってなんやねん」

という方がおられると思うので以下に引用を。

ちなみに僕も先日までこんな競技があることさえ知りませんでした。

トライアル競技とは?

 トライアル競技は、専用のオートバイを駆り、コース途中に設けられた採点区間(セクション)で、いかに減点されることなく走り抜けられるかを競い合います。早くゴールする必要はありませんが、決められた時間を越えてしまうと、所定の減点を課せられることになります。減点が最も少ない、つまりはミスの最も少ないライダーが優勝となります。

 

減点は、1回の足つきが1点、2回の足つきで2点、3回以上の足つきが3点です。マシンから降りてしまったり、セクションの外へ出てしまった場合、マシンが後退した場合、あるいは足つき中にエンジンが停止したりすると、失敗とみなされ5点減点となります。また、セクションを1度の減点もなく走りきることを「クリーン」といいます。

 

ひとつのセクションには、ライダーの技量を問う障害物が設けられます。障害物には岩山や沢など自然の地形を活かしたものや、スタジアムなどの中に人工的に作り上げたものなどがあります。

 

 ヨーロッパ、特にスペインやイギリスで人気のクロスカントリーモータースポーツのひとつが、トライアルです。速さを競うのではなく、技の正確性や人間とマシンの信頼性を問うというところに、ほかのカテゴリーとは一線を画す魅力を秘めています。

 引用元:MFJ Online Magazine:日本モーターサイクルスポーツ協会

 

うーん、これでもわかりづらいですね、、、

てことで、写真みましょう!

 f:id:kawasaki283:20160419190847j:image

 

そう、こんな感じにバイクで障害物をクリアしながらコースを走る競技です!

百聞は一見に如かずとはまさにこのこと、分かりやすいですね笑

 

とにかく凄いの

日本ではマイナーな競技なのでみなさん知らない方が多いと思いますが、

世界では名の知れた日本人プレーヤーさんがゴロゴロ。

 

有名なプレーヤーが走っているところは観客の数が桁違でした。

 

んで、この競技とにかく凄いの!

バイクで垂直みたいな崖とか山肌とか登って、

岩に飛び乗ってって同じ人間とは思えない…

 

というか、人間じゃないのかもしれない!笑

 

で、その中でもこれまた上手い人と下手な人の差が凄くて面白いんです。

 

下手な人はブンブンアクセル蒸して、やっとこさコースをクリアできるかどうかなんです。

失敗して斜面を落ちていく人も、、、 あれは、絶対痛い。

この競技は怖すぎて僕にはできないと思いましたね。

 

ところが上手い人ってなんの苦もなくホイホイコースをクリアしていくんですよ。

アクセルのふかし方も無駄がない。もう楽勝♪って感じで笑

あれは見ものでした!ほんとなんであんなことができるのか。

 

って、もう僕がいくら熱く語ってもこれは百聞は一見にしかずなのです。

ぜひ一度見に行かれることをお勧めします!!

 

と言っても今年の全日本のチケットは売り切れてしまっているようですけれど。。。

f:id:kawasaki283:20160419193357p:plain

画像元:全日本トライアル:観戦情報・サーキット情報

 

とにかく凄いので!!来年は言ってみるべし!!