読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者は起業してなんぼ!今リスクを取らないとチャンスはないよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

f:id:kawasaki283:20160407000307j:plain

起業について考えたことある?

どうも大学生ブロガーのつばやんです。

私、実は会社の取締役をやっております。

 

ってことで今日は起業についてお話しします

 

若者のみなさん、起業って考えたことありますか?

 

おそらく「起業」という言葉はどこか

遠い存在に感じてしまう方もおられると思います。

 

でもそんなに気負うことはありません。

 

会社って案外簡単に作れてしまうんです。

自営業での開業であればなおさら簡単です。

 

自分のやりたい事業・仕事をして

生きるって素晴らしいことと思います。

 

それに社長って響き、なんかいいですよね!

 

高校から大学に進学して、就職するのが当たり前

なんて考えは一旦おいといて、

起業についてもぜひ考えてみましょう。

 

若いうちならリスクも低い

若者って実は起業にうってつけです。

なぜなら、若いというだけで人から注目してもらえたり、

寛容に見守ってもらえたりするからです。

 

それに体力、気力ともにあり溢れているので

勢いを持って事業を進めていくことができます。

 

もし事業に失敗したとしても、

若ければ挽回のチャンスも沢山あります。

 

失敗を糧に、新たな事業に挑戦するのもよし。

経営は一旦諦めて、就職するもよし。

 

まだまだ選択肢は残っています。

 

てか、サラリーマンだって終身雇用の時代は終わってますからね。

起業ばかりがリスク高いってわけでもなさそうです。

 

むしろサラリーマンの方が手に職がないだけに解雇された時のダメージはでかいかも。

 

日本は起業後進国だ

実は日本て、世界の中でも起業に関しては遅れているんですね。

 

GEM調査(Global Entrepreneurship Monitor)という、

起業動向調査の中に起業活動を表す指標があります。

www.vec.or.jp

 

そこで日本のスコアは、3.7%となっていて、67か国ある中で、

一番低い数字となっているんです。

 

アジアの中ではシンガポールが10.7%と最も高くて、

台湾も8.2%、韓国は6.9%と、日本よりも高いですね。

 

また、将来の起業計画について持っている人も、

日本では7.1%と低い水準でした。

 

逆に、台湾(29.1%)やイスラエル(26.7%)、米国(16.6%)を見てみると、

ご覧の通り高い水準となっています。

 

だから経済成長や、イノベーションが引き起こされるのです。

 

この日本の現状を見てどう思われますか。

私たちで日本を変えていかなくてはなりませんね。

 

起業するメリット

起業(自分で事業を作る)ことにはメリットがあります。

 

もちろん何にも縛られず自分のやりたいことができますし、

その中で自分自身の能力を高めることもできます。

 

仕事とプライベートの両立や、社会貢献事業、やりがいなど

自分の人生を豊かにしていく選択肢が多くなります。

 

また、車代や飲食費などを経費で落としたりもできます。

これは自分でビジネスしてる人の特権ですね。

flappe.guide-book.xyz

 

後で後悔するより、やりたいことをやろう

若いうちは将来に希望を持ち、夢を抱いていると思います。

そして誰しも有意義な人生を送りたいと考えています。

 

であるならば、世間の目や習慣など気にしないで

自分のやりたいことを思いっきりやるべきです。

 

そして自分のやりたいことがもし起業できそうなことなら

ぜひ起業しましょう。そして日本を変えていきましょう。

 

 

以前にも言いましたが、

 

老人ホームの調査で、入居者のうち約95%もの人が後悔していることは、

「若いうちにもっと挑戦しておけばよかった」という結果があるそうです。

 

目の前のことに流されずに、しっかりと自分の考えを持って

人生を歩んでいくことが必要ですね。

 

「世界を変えられると思うほどクレイジーな人は

それができる人なのだ。」

youtu.be

 

 

 

つばやん