読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【画像注意】カンボジアに行く時は南京虫に気をつけなはれや!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

f:id:kawasaki283:20170323010903j:plain

南京虫は超かゆい

さて私、3月にカンボジアに行ってきたんですけど、

www.kawasaki283.com

 

その時に苦しんだお話をひとつ。

 

カンボジアではシェムリアップと

プノンペンを訪れまして、

いずれも1泊600円くらいのお部屋に泊まったんですね。

 

で、シェムリアップの宿に泊まった時のことなんですが

次の日に背中がやたらとかゆい!

 

もうイライラが止まらなくて、

もしムヒを持って行ってなかったらと思うと

恐怖しかございません。ムヒ最強説

 

人生初、カンボジアで南京虫(トコジラミ)に遭遇

で、その痒さの原因というのが

おそらく南京虫(トコジラミ)です。

 

南京虫というのは、血を吸う虫で

夜になるとひっそりと忍び寄り、

体を噛んでくるんです。

 

南京虫は噛んだ後に唾液を残していくようで、

それに体がアレルギー反応を起こして

とてつもない痒さに襲われます。

 

しかもその痒みは2週間も続くとか、、、

蚊なんて可愛いもんだ。

 

噛まれた背中のお写真がこちら↓↓

(少しキモいので見たくない人はそっと画面を閉じましょう)

 

 

 

 

 

 f:id:kawasaki283:20160402214843j:image

いかがですか?見るからに痒そうでしょ、、、

 

そしてこいつが犯人↓↓

f:id:kawasaki283:20160402214546j:image 

 

キモっ!!南京虫め、トコジラミめ、許さんぞ!!

てことでもう少し苦しみは続きそうです。涙

 

南京虫には気をつけなはれ

みなさんもカンボジアだけでなく、

海外に行く時は気をつけることを強くお勧めします。

 

日本ではほぼ見かけないけど海外にはいるようです。

 

宿に入った時はベットの下などに南京虫がいないかしっかりと確認して、もし潜んでいた場合は部屋を変えてもらいましょう。刺されるとマジでかゆいんで!

 

あと最後に、

 

 

 

 

 

旅行にムヒは必携です!!

 

【指定第2類医薬品】ムヒアルファSII 15g

新品価格
¥515から
(2016/4/2 21:47時点)