読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役大学生の私が、大学に行こうか迷ってる人に言いたい事。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

f:id:kawasaki283:20160407111659j:plain

大学への進学だけが全てじゃない

世の中には大学に行くべきかどうか

迷っている人がたくさんいる。

 

世間一般では大学に行く事が当たり前のように言われ、

周りの人の多くが受験勉強に時を捧げているだろうけど

それだけが本当に正しい道なのかって。

 

私は大学に行っているけれど

大学という選択だけが全てじゃないと思う。

 

確かに世間のレールに乗って大学に入れば

コミュニティーへの所属という安心感もあるし、

大学生はまだまだ学生で許されることもある。

サークルもゼミも出会いもある。

あとは、新卒で就活できるとか。

 

でも問題はそれをあなたが望んでいるのかどうか。

自分が決めた道に進めば間違いなんてないんだから。

あとはその道を自分がどう歩んでいくかの問題。

 

大学に行っても不安は無くならない

たとえ大学に行っても不安がなくなることはないし、

大学に通うだけで行動しなければあまり多くのことは学べない。

何かが特別できるようになるわけでもない。

 

大学に行っても、行かなくても結局は「すべてが自分の行動次第」。

私自身それは今すごく実感している事。


みんなと一緒だと安心かもしれないけれど、

みんなと一緒ならあなたがあなたである必要はあるのだろうか。

一つ一つに違いがあるから面白いのよってね。


大学に行く前に

その環境に何百万も払う価値があるのか再考すべし。

そのお金があれば他に何ができるのだろう。

 

ま、一度きりの人生だし

最後は自分が面白いと思う方に行くのがいいと思う。

 

という結論の出ないことを偉そうに書いてみた。

 

とりあえず、迷ったら大学に潜ってみるのもあり。

行ってなくても普通に授業けれるし。

そしたら少しはイメージわくで。

挑戦しないと後悔する

ちなみに老人ホーム入居者のうち約95%もの人が後悔していることは、

「若いうちにもっと挑戦しておけばよかった」ということらしい。

 

リスクを取らない事が逆にリスクとなり得るという事は

しっかりと心に留めておく必要がありそうだ。

 

てことで、そんな人とは少し違った悩みを持つあなたに

勇気付けられる動画を!

www.youtube.com

 

世界を変えるのは少数派の人間。

 

 

 

つばやん